切手買取で高価なモノとは?|切手買取どっとこむ
【切手買取どっとこむ】98時間検証したおすすめ業者ランキング! TOP◎切手買取高額のために >切手買取で高価なモノって

切手の魅力が高価な切手を生む理由

昭和30~40年代を中心に、多くの切手収集家が生まれました。
そして投機的な目的で収集する人も現れ、「月に雁」や「見返り美人」などの切手が高価で取引されました。

今ではそこまでは行かないにしても、1960年(昭和35年)以前の切手中国をはじめとした外国の切手などに人気があります。
では切手買取専門店が高価で買い取ってくれる切手にはどのようなものがあるのでしょう。

切手の発行は明治時代からあり、
その当時の切手は額面より高価で買い取ってくれるでしょう。

その中でも特に有名なのが、日本最初の記念切手となった
明治天皇・皇后の結婚式を記念して発行された切手です。
額面では数銭のものが数万円で買取をしてくれるのです。
次が日本最初のお年玉記念シートです。これは昭和25年に発行されたものです。

やはり日本最初という切手は価値がありますよね!

 

その他高価買取をしてくれる切手を紹介します!

記念切手として切手趣味週間切手、ふみの日記念切手、国際文通週間、お年玉記念切手シート、世界遺産切手などがあります。
そして地方に特化したふるさと切手も高価買取ができるようです。旅の風景シリーズ、ふるさとの花、ふるさとの心の風景、国民体育大会などです。立山航空や芦ノ湖航空、五重塔航空など、飛行機などが載った航空切手も高価買取ができます。

さらに大正時代の軍事切手や、グリーティング切手も買取が高価となります。
海外の切手では中国やドイツ、オーストリアの切手が高価で買取をしてくれています。
これらの切手はぜひチェックされ、実家などに眠っていないか探してみると良いですね。