プレミアム切手でも高値買取されない理由|切手買取どっとこむ
【切手買取どっとこむ】98時間検証したおすすめ業者ランキング! TOP◎切手知っ得! >プレミアム切手は高値?

買取人気があったプレミアム切手とは

プレミアム切手とは昭和40~50年代を中心に日本で切手収集ブームが
起こった時代に人気となる切手にプレミアムが付けられ、
絶大な人気を博した切手なんです。今の小学生がゲーム機に熱中するように
当時の子どもたちは切手の収集に夢中となったのです。

そして学校などに切手帳を持ち寄り自慢し合ったりしたものです。
当時は華やかな絵柄やデザインの斬新性などから海外の切手ももてはやされ、
使用済み切手(インスタンプ切手)の収集家も多く存在しました。

今では信じられないかもしれませんが、記念切手の発売日には
全国各地の郵便局の前に多くの行列ができるほどの人気で、
テレビニュースなどでも多く取りあげられていました。

プレミアム切手は高値で買取されない!?

時は過ぎ、現在となった今、そのようなプレミアム切手はどうなったのでしょうか?
残念ながら今では一部を除き、ほとんどのプレミアム切手と呼ばれたものは
額面かそれ以下での買取価格となっているのが現状です。

当時の切手の額面が低く、もともと切手買取の対象にならないというのが主な背景のようです。
ただ、一部のプレミアム切手には高額な値段が付くものもあります。
明治から大正に出回った銭切手は現存するものが少なく、希少価値があり、
買取価格として特に額面の何万倍もの価格が付くものもあります。

プレミアム切手は栄枯盛衰を繰り返し、
今では余り価値のないものとなってしまったようです。