日本一高額で取引された切手とは!|切手買取どっとこむ
【切手買取どっとこむ】98時間検証したおすすめ業者ランキング! TOP◎切手知っ得! >日本一高額取引された切手

切手買取が高額で取引された時代は

残念ながらその当時の記念切手の人気は今では冷めてしまい、
切手の投機的な価値も目減りしていますが、1960年以前の切手は比較的高額で取引がされているようです。

最近ではアニメのキャラクターを図柄にした切手も人気を集めています。
それらは日本アニメの人気が世界的なことから海外に於いても人気が高いようです。

記念切手は昭和40年以前のものが比較的希少性が高く、高額で取引されるケースが多いようです。

その中でも発行枚数の少ない切手はその希少価値から人気が高く買取価格も高額となっています。

高額で買取された切手とは

日本切手において、仮にオークションに出品されたとした場合、億を超えるものがあるそうです。
この切手は現存で1枚しかないといわれており、額面が500文の「龍500文切手(手彫切手)」で、銭五百文という額面が逆さまに印刷されたものです。
カタログ値は2500万円となっていますが、切手収集家の間では億の金額になるといわれています。
このようにまともな切手ではなく、エラーが発生した切手が貴重なものとなるようです。
それには国などの機関が正式に発行したものなので通常はエラーが発生したものは出回らなのですが、
実際にあるということで貴重性が高まるのですね。日本で高額取引がされている切手といえば、戦時中の切手です。

これは、発行枚数やその形状などにより人気が高いようです。このような切手は今も高額で買取をしているので、
もし眠っている切手でそのような古い切手があるのならぜひ切手専門の買取店へ問い合わせをされると良いでしょう。