古切手の保存状態確認して、切手買取額をアップ!|切手買取どっとこむ
【切手買取どっとこむ】98時間検証したおすすめ業者ランキング! TOP◎切手知っ得! >古切手の保存状態確認

古切手の切手買取はできる?

古切手はどのように保存をしておけばよいのでしょうか。
通常切手を集める趣味のある方だと、専用のアルバムに収納しているのがほとんどです。
これはストックリーフと呼ばれる切手を収納するシートです。
ビニールなどの透明なポケットが3段前後あり、この中に切手を保管していくものです。
このストックリーフを何枚も重ね、バインダーで固定させた物がストックブックと
呼ばれる切手専用のアルバムと思ってください。

そして保管する切手は直接手で触らないようにしたいものです。
手で触ることで手の脂などが付着し、変色の原因となったりします。
また、1枚だけの切手は手で掴むことで目打ちと呼ばれるぎざぎざの部分が
傷ついたり織り曲がったりします。
なのでここはピンセットなどを使用することをおすすめします。

古切手を高価買取してもらうための方法

切手は紙質でできているので湿気を極端に嫌います。
出来る限り風通しの良い涼しい場所で保管するのが望ましいです。
日本の気候は高温多湿の季節も多いので、
保管している箱の中に乾燥剤を同梱しておくとなお良いでしょう。

さらに面倒くさいかもしれませんが、
年に1度は取り出し、空気を入れ換えてやるのも必要です。
そのような状態で保管しておいた切手は保存状態も良く
買取専門店で表示されている買取価格で買い取ってもらえると思って良いでしょう。

1円でも高く売りたいのならば、大変ですがそのような努力も必要です。
古切手だと特に高値で買取してもらえる可能性が高いので、
なおさら気を使う必要があるのです。